保湿して肌のバリア機能を高めよう

同じような毎日を送って、とくにストレスもないはずなのに・・・

保湿することでニキビを予防できる

40代後半になって突然ニキビができてくるひとがいます。

「更年期ニキビ」と呼ばれる症状です。
更年期になると、女性のホルモンバランスは大きく変わります。

女性ホルモン「エストロゲン」が減少し、皮脂の分泌の原因となる「プロゲステロン」が多くなってくるのです。このため肌がぎとぎとし、毛穴に汚れや皮脂がたまりやすくなり、ニキビができてくるのです。

また、40代後半になると肌の新陳代謝が衰えて、肌の産まれ変わり(ターンオーバー)が遅くなっていきます。若いころならできたニキビもすぐに治り、ニキビ痕も消えていました。

しかし新陳代謝が衰えることで、できたニキビはなかなか治らなくなり、ニキビ痕も残りやすくなってしまうのです。ホルモンバランスと肌の老化が原因で、更年期ニキビはできて、そしてそのままにしておくと悪化します。保湿をすることで肌のバリア機能を高めることができます。

ヒアルロン酸やコラーゲンなど美容成分たっぷりの保湿液や保湿ジェルを使って、顔だけでなくボディもケアしていくようにしましょう。

トップへ