ストレスニキビは放置しても治らない

基本的に清潔を保って保湿しておけば、ニキビは放っておいても治ります。

でもこれは、思春期ニキビや生理の時にできる「一時的なニキビ」だけです。

ストレスによってできているニキビは、ストレスが無くならない限り、ずっとできてしまいますし、ケアせず放置することで悪化することもあります。「若いころは、放っておいたら治ったし!」と気楽に考えていると、取り返しのつかないことになるかも知れませんよ。

放置しても治らないのは、大人ニキビ

ちなみに思春期にできるニキビは、ホルモンバランスが大きく変わることで、皮脂が急に増えるのが原因です。肌にとって多すぎる皮脂のせいで、毛穴が詰まってニキビができる、これが思春期ニキビなのです。

ストレスニキビの場合は、肌の乾燥が主な原因ですから、思春期ニキビとは別物と考えるようにしてください。
10代後半で、思春期ニキビなのかストレスが原因なのか分からないという方は、しばらく放置してみて様子を見ましょう。

増えたり、全然治る気配がないのであれば、それはストレスニキビである可能性が高いです。
適切なケアをしていきましょう。

トップへ