自分にあった付き合い方を見つけよう!

ストレスを取り除けない場合は、上手く付合って行く方法を見つけましょう。

 

趣味に没頭したり、身体を動かしたり、買い物をしたり、部屋の模様替えをしたり、友達とおしゃべりをしたり、自分にあった発散の仕方を見つけると良いでしょう。

 

入浴はストレスが軽減する

お風呂にゆっくりつかったり
たくさん寝ると心と身体の両方を回復できます。

 

このほか「大声で歌う」「思いっきり泣く」「なにかを壊す」など、ストレス発散方法はたくさんあります。とくに泣くことは、物理的にストレス物質を外に出す方法でもあります。

 

涙にはストレスの原因となるホルモン「プロラクチン」や
副腎皮質ホルモンの「コルチゾール」が含まれているのです。

 

たくさん泣いてすっきりするのは、これらのストレス原因が外に出て行ってくれるからなのです。

 

自分でなんとかできないと思ったら、友達や親に相談したり、心療内科へ行くのも良いでしょう。
軽いストレスであれば自分でなんとかできますが、溜めこんでいたり、何が原因なのか分からないストレスは、自分を追い詰めるだけです。

 

周りにも頼りながら、ストレス発散できる方法を探ってみましょう。

 

トップへ